在学生の声

在学生の声

在学生の声 理学療法学科

理学療法学科 I.S.さん
(滋賀県 長浜北高等学校出身)

メッセージ

理学療法士になろうとしたきっかけは、実際に理学療法士の仕事現場を見学した際に、患者さんの多くが笑顔で話されているのを見ました。その時に私は、どこかに痛みや障がいを抱えるはずなのに笑顔でいられることに感銘し、技術だけでなく患者さんを笑顔にできる理学療法士になりたいと思いました。

本学を選んだ理由は専門学校と大学の良さを取り入れた専門職大学という新しい学校制度で幅広い教養を身につけることができると感じたからです。

将来は高い技術だけでなく、患者さんの心のケアや患者さんを笑顔にするコミュニケーションに長けた理学療法士になりたいです。

理学療法学科 O.H.さん
(滋賀県 甲西高等学校出身)

メッセージ

私は人とコミュニケーションをとることが好きで、より患者さんと接する機会の多い仕事に就きたいと考えていたときに理学療法士という仕事を知りました。

本学を選んだ理由は県内唯一の理学療法士を養成する学校であるのと、クラス制であるため学生同士が深く関わることができるところが魅力的だと感じました。

私は将来患者さんの気持ちに寄り添える理学療法士になりたいと思っています。そのために専門的な知識を身に付けることはもちろん、普段から人との関わりを大切にし自分の家族に接するときと同じように患者さんを思いやることが出来るような理学療法士になりたいです。

理学療法学科 T.K.さん
(滋賀県 伊香高等学校出身)

メッセージ

理学療法士を目指そうとしたきっかけは、中学生の頃に野球で右肘の手術をし、術後のリハビリの際に理学療法士の方に実際にお世話になる機会がありました。その姿をみて理学療法士になりたいと思いました。

本学を選んだ理由は専門学校から専門職大学に改組され、大学と専門学校の2つの良さを兼ね揃えた学校だと知り興味が湧き本学を選びました。

理学療法士は人とのコミュニケーションが欠かせない仕事なので、将来は誰からも信頼される理学療法士になりたいと考えています。

在学生の声 作業療法学科

作業療法学科 I.J.さん
(滋賀県 伊香高等学校出身)

メッセージ

作業療法士になろうとしたきっかけは、以前に骨折したことがあり、その時のリハビリの経験から医療の現場で働きたいと思いました。そんな中、本学のオープンキャンパスで作業療法士の仕事内容について説明を聞き、とても素敵な仕事だと感じ目指そうと思いました。

本学を選んだ理由は、滋賀県唯一の専門職大学という、新しい学校制度に興味をもったからです。本学は専門学校のように専門性のある授業を受けられることができ、卒業後は一般の大学と同様の学士(専門職)も貰えます。そのことから、就職やもっと先の将来のことを考えて本学にしました。主体性をもって学べる学校なので本学で学んだことを生かして、将来は主体性のある作業療法士になりたいです。

作業療法学科 O.M.さん
(滋賀県 河瀬高等学校出身)

メッセージ

私は以前、祖母が脳卒中で倒れた際に作業療法士にお世話になり、その時に作業療法士という職業を知りました。その際担当して頂いた作業療法士のおかげで祖母は現在、ほとんど後遺症がなく元気に生活しています。その経験から私も少しでも多くの高齢者を元気にしたいと思い作業療法士を目指しました。

新設校の1期生ということで大学の支援が手厚いと聞きました。また、一般の大学より専門的に学べるということもあり、1番自分にあった大学だと思ったのでびわリハを選びました。

将来は人の心に暖かなあかりを灯せるようなみんなに笑顔を届けられる作業療法士になりたいです。

作業療法学科 K.I.さん
(京都府 南丹高等学校出身)

メッセージ

医療や福祉については今まで全く関わりのなかった分野で、僕は作業療法士という職種自体を知らなかったのですが、母の勧めで一度調べてみることにしました。そこで病院で患者さんをサポートする作業療法士の仕事内容を知り、その姿を見てかっこいいと感じました。もう一つのきっかけは、祖父が年々身体を動かすのが不自由になってきており、少しでも家族に貢献したいという思いもあり、作業療法士になりたいと思いました。

作業療法士を目指す上でまったく医療の知識がなく不安でしたが、本学ではわからないことも一から丁寧に教えてもらえます。またアットホームな雰囲気で誰でも楽しく学ぶことができる大学だなと思い、志望しました。

将来は目標を常に持ち、患者さんと接する中で得られることや、学ぶことを大切にし、患者さんと喜びを分かち合える作業療法士になりたいと思っています。