教員紹介

教員紹介(園田 悠馬)

更新日
(西暦.年.月.日)
2021.05.01
氏名(漢字) 園田 悠馬
氏名(フリガナ) ソノダ ユウマ
氏名(ローマ字) SONODA Yuma

基本情報

所属部署
(学部・学科)
リハビリテーション学部・作業療法学科
職名 講師(専任)
E-mail y-sonoda@ot-si.aino.ac.jp
学歴・主な職歴
年.月 大学・学部・学科,大学院・専攻名, 機関名・所属部署・職名等
2003.3
福井医療技術専門学校 作業療法学科 卒業
2003.4
神戸大学医学部 保健学科 作業療法学専攻 編入学
2003.9
株式会社セラピット 訪問看護ステーション リハ・リハ(2011.3まで)/他(兼) デイサービス、老人保健施設、デイケア、精神障害者就労支援施設
2007.3
神戸大学大学院医学系研究科 保健学専攻博士課程・前期課程 修了
2010.3
神戸大学大学院医学系研究科 保健学専攻博士課程・後期課程 修了
2010.4
神戸大学保健学研究科 川又研究室 研究員(2011.3まで)
2011.4
滋賀医科大学 医学部附属病院リハビリテーション部(2020.3まで)
2020.4
びわこリハビリテーション専門職大学 リハビリテーション学部 作業療法学科 専任講師(現在に至る)
取得学位 博士(保健学)【神戸大学】
資格・免許
年.月 概要
2003.5
作業療法士免許取得

教育研究活動に関する事項

専門分野 リハビリテーション科学、脳神経科学
所属学会 北米神経科学学会(Society for Neuroscience)、国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain)、日本運動器疼痛学会、日本作業療法士協会
研究課題(テーマ) 神経難病などに対するロボット支援技術を用いたニューロリハビリテーションと脳functional connectivity/multidisciplinary careにおける作業療法士の役割/タウ蛋白リン酸化シグナル複合体を介する変性認知症の神経細胞死に関する病態解析
主要研究業績
種別 題目 単著・共著の別 掲載誌・機関誌名・ページ等 発行年月
競争的外部資金(科研費)
脳卒中の手の障害に対する介助型ウェアラブルデバイスを用いた在宅訓練の確立
代表
基盤研究(C) 21K11254
2021.4‐
学術論文(査読有)
Short-Term Effect of Intensive Speech Therapy on Dysarthria in Patients With Sporadic Spinocerebellar Degeneration
共著(筆頭責任)
J Speech Lang Hear Res. 64(3):725-733.
2021.3
学術論文(査読有)
Amelioration of motor and nonmotor symptoms in cortical cerebellar atrophy and multiple system atrophy-cerebellar type by inpatient rehabilitation: a retrospective study
共著(筆頭責任)
Int J Rehabil Res. doi: 10.1097/MRR.0000000000000455
2021.1
競争的外部資金(科研費以外)
在宅における神経難病患者に対するソフトロボットグローブを用いた訓練の効果の検証:ランダム化比較試験<代表>
代表
大和証券ヘルス財団 令和2年度(第47回)調査研究助成
2020.10
競争的外部資金(科研費以外)
慢性痛患者に対する運動療法が脳内機能結合に及ぼす影響:磁気共鳴画像定量化を用いた対照比較試験<代表>
代表
中冨健康科学振興財団(第30回)研究助成金(報告書:nfr30-55)
2018.3(2019.6)
学術論文(査読有)
Use of a shoulder abduction brace after arthroscopic rotator cuff repair: A study on gait performance and falls
共著(筆頭責任)
Prosthet Orthot Int. 42(2):136-143
2018.4
学術論文(査読有)
Robot-assisted gait training for Parkinson's disease
共著(筆頭責任)
Cochrane Database Syst Rev. (Title) https://www.cochrane.org/title/robot-assisted-gait-training-parkinsons-disease
2016.12
学術論文(査読有)
S6 kinase phosphorylated at T229 is involved in tau and actin pathologies in Alzheimer's disease
共著(筆頭)
Neuropathology. 36(4):325-32.
2016.8
学術論文(査読有)
Comprehensive geriatric assessment of effects of hospitalization and long-term rehabilitation of patients following lower extremity arthroplasty.
共著(筆頭責任)
J Phys Ther Sci. 28(4):1178-87.
2016.4
学術論文(査読有)
Accumulation of tumor-suppressor PTEN in Alzheimer neurofibrillary tangles
共著(筆頭)
Neurosci Lett. 471(1):20-4.
2010.2
講師・講演・発表など
種別 著書名・講演題目など イベント名・掲載誌・ 機関誌名・ページ等 実施年月
講演
難病コミュニケーション支援 ~滋賀県版プロセスチャートについて~
令和2年度 難病コミュニケーション支援講座(滋賀県)
2020.11
講演
在宅で出来る難病患者のリハビリ
2018年度 滋賀県難病事業(医療従事者研修)
2019.2
講演
認知症のリハビリテーション
第2回びわこ認知症病診連携の会
2018.5
E-learning(講師)
文科省・大学改革推進事業 課題解決型高度医療人材プログラム:慢性の痛みに関する教育プログラムの構築
慢性痛管理学コース・運動療法と栄養「作業療法」
2018.2‐
講演
症状に適したコミュニケーション法の実際/ハンズオン
ALS医療講演(日本ALS協会滋賀県支部)
2018.2
視察調査
シドニー大学Royal North Shore Hospital Pain Management Centerにおける学際的痛み治療
2017.2
Poster
Voxel-based brain morphometry and a screening tool for detecting cognitive impairment in chronic pain patients<筆頭>
16th World Congress on Pain: IASP, Yokohama, Japan.
2016.9
Poster
Effect of resistance training on many aspects of life functions in elderly patients with Parkinson's disease: a pilot study<筆頭>
16th international congress of WFOT, Yokohama, Japan.
2014.6
臨床試験
小児がんにおけるリハビリテーションの有効性に関する検討<責任>
UMIN000019805
2015.11‐
Poster
Association of Protein Kinase C-delta with neurofibrillary tangles in Alzheimer brain tissues
40th annual meeting of the SfN, San Diego, USA.
2011.12
Researchmap https://researchmap.jp/y-sonoda

社会活動に関する事項

主な社会活動等
年.月 内容
2011.4-2012.3
京都医健専門学校 理学療法研究法A(統計学)
2016.4
NPO法人いたみ医学研究情報センター HP委員 ジャーナルクラブ担当(2018.3まで)
2019.6
滋賀県 難病に対するコミュニケーション支援ワーキング(現在まで)
2020.3
滋賀医科大学 学長裁量経費(若手萌芽研究)採択者によるポスターセッション優秀者賞 受賞