理学療法学科

全日制4年課程
定員80名
[ 学位 ]
理学療法学士 (専門職)

[ 取得できる資格 ]
理学療法士国家試験受験資格

多様化した社会のニーズに対応できる
「プロ意識」の高い人材を育成する

理学療法士の資格取得に必要な知識・技術の学びに加え、地域が抱える特有の課題やニーズに対応できる能力を育てる教育にも力を入れています。さらに、理学療法の知識・技術を活かして、これまでの医療・介護・福祉の枠を超えた新たな分野を開拓するため、ヘルスプロモーション支援・生涯スポーツ支援・地域支援の3つの履修モデルを設け、選択した分野で実践を積むことにより、これまでの理学療法士の教育から一歩先を見据えた「創造力をもった人材」を育てます。

理学療法士とは

理学療法士とは、障害のある方の社会復帰を支援するリハビリテーションの専門家です。起きる・立つ・歩くなどの基本動作能力や身体機能を向上させる「からだのスペシャリスト」です。

学科長からのメッセージ

地域共生社会の実現をサポートし、未来を創造できる理学療法士を育成します

理学療法学科 学科長
山内 正雄
経歴
愛媛十全医療学院 専任教員
社会福祉法人 恩賜財団 済生会 済生会西条病院 室長
愛媛十全医療学院 非常勤講師
藍野大学 臨床教授
公立大学法人 首都大学東京 大学院 高度医療 特任准教授

理学療法士は、病気やケガなどで身体に障がいのある人だけでなく、障がいの発生が予測される人に対して、基本的な動作能力の回復や維持および障がいの進行を予防し、社会復帰や自立した日常生活が送れるように支援するリハビリテーション専門職の一員です。本学科では、理学療法士の専門性をさらに活かし、地域住民の健康寿命延伸のために、地域が抱える課題を発見し解決することで、健康・スポーツ・福祉の分野において地域共生社会の実現に向けて支援できる人材を養成します。そのため、医学的な知識や技術を習得し、研究能力を磨くだけでなく、人と接する職業なのでコミュニケーション能力も要求されます。 びわこリハビリテーション専門職大学では、教員が学生一人一人の個性にあった指導を行い、豊かな人間性のあふれる理学療法士を目指す学生を援助します。是非とも私たちと一緒に理学療法士を目指してみませんか。

Points of learning

学びのポイント

  • POINT 01

    人間性の育成

    患者さんと信頼関係を築ける
    豊かな人間力を育成

    知識や技術の習得だけでなく、患者さんと心を通わせ合えるコミュニケーション能力と人間性を養っていきます。

  • POINT 02

    カリキュラム

    成長を実感できる
    カリキュラム

    4年間で理学療法士に必要な知識や技術をステップアップしながら学習。幅広いニーズに対応できる力を身につけることができるカリキュラムとなっています。

  • POINT 03

    隣接領域を学ぶ

    これまでの枠を越えて

    専門職大学の特徴ともいえる展開科目・総合科目を通して隣接領域を学び、医療・介護・福祉の枠を越えて活躍できる人材を育成します。

Step of learning

学びのステップ

1年次

FIRST YEAR
基礎を学ぶ

幅広い教養を身につける。
医学と理学療法の基礎知識を学ぶ。

共通科目
学びの基盤、キャリア発達論、生物学、語学(英語、韓国語、中国語)、リハビリテーション概論、解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生理学Ⅰ・Ⅱ、運動学Ⅰ
理学療法学科科目
基礎理学療法学Ⅰ・Ⅱ、理学療法評価学、見学実習Ⅰ・Ⅱ

2年次

SECOND YEAR
専門知識と技術を学ぶ

リハビリテーションの対象となる疾患を学ぶ。
理学療法・作業療法の専門的な知識と技術を学ぶ。

共通科目
内科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、小児科学、老年医学、画像診断学、栄養学
理学療法学科科目
理学療法評価学実習、運動療法学、物理療法学、日常生活活動学、義肢装具学Ⅰ・Ⅱ、地域理学療法学、内部障害系理学療法学実習Ⅰ・Ⅱ、スポーツ障害系理学療法学実習、見学実習Ⅲ

3年次

THIRD YEAR
臨床現場での実践

学んだ知識・技術を病院・施設で実践する。

共通科目
予防医学
理学療法学科科目
地域包括ケア論、徒手理学療法学、神経障害系理学療法学実習Ⅱ、運動器障害系理学療法学実習Ⅱ、臨床技能論実習、リハビリテーション総合演習、理学療法評価実習、理学療法総合臨床実習Ⅰ

4年次

FOURTH YEAR
創造力の育み・キャリア展開

専門性を活かし、創造力をもって職域を広げる。

共通科目
協働連携論総合実習、障がい者スポーツ論
理学療法学科科目
地域リハビリテーション実習、理学療法管理学、理学療法総合演習
Work Stage

未来の活躍の場

総合病院や介護・福祉施設など、活躍の舞台は多方面に広がっています

  • STAGE 01

    医療施設

    医療施設

    国立病院機構・公立病院・大学病院・民間病院・診療所など

    病気や外傷後すぐに障害を予防するために身体を動かします。また、障害の機能回復訓練、歩行訓練などを行います。さらに診療所などでは腰痛や肩凝りといった慢性痛の方への治療も行います。

  • STAGE 02

    介護・福祉

    介護・福祉

    老人保健施設・訪問介護ステーション・肢体不自由児施設など

    身体機能を維持できるような運動指導や質の高い生活を得るための日常生活訓練を行います。自宅に赴いての福祉用具の選定や住宅改修の指導も行います。

  • STAGE 03

    その他

    その他

    スポーツ・フィットネス施設など

    障害予防を目的とした運動指導を行い、一般の方やスポーツ選手に対するサポートを行います。

CAREER UP
卒業後一定期間、医療施設・介護・福祉施設などででキャリアを積んだ後、
各自が学修した履修モデルの分野にキャリアアップすることも想定しております
Ahead of there

その先へ

介護老人保健施設・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・
特別養護老人ホーム・地方自治体・保健所など活躍の舞台は多方面に広がっています

  • MODEL 01

    履修モデルヘルスプロモーション

    ヘルスプロモーション支援

    地方自治体(健康教室、高齢者サロン)、健康増進施設、企業の健康推進室、健康関連企業。

  • MODEL 02

    履修モデル生涯スポーツ

    生涯スポーツ支援

    地方自治体、教育機関(部活指導)、体育協会、スポーツクラブ、フィットネスクラブ、スポーツ・健康・食・ファッション関連企業。

  • MODEL 03

    履修モデル生活工学

    地域支援

    通所介護施設(デイサービス)、就労支援事業所(作業所)、放課後等デイサービス、グループホーム、特別支援学校、福祉機器メーカー。