大学概要 | びわこリハビリテーション専門職大学

大学概要

滋賀県唯一のリハビリテーション養成校が
4年制の専門職大学へ

 すでに「超高齢社会」に突入している日本。
医療や介護の需要がさらに増大することが見込まれます。医療現場では、在院日数短縮の促進、高齢者・障がい者の施設生活から在宅生活への移行の流れがあります。すなわち、医療の「病院完結型」から「地域完結型」へと医療現場も時代とともに移り変わっています。
しかし、地域住民の支援策の整備は充実したものとは言えず、この地域支援に携わる質の高いリハビリテーション専門職が求められています。

 高度な知識と医療技術を有する理学療法士、作業療法士の育成は、これまでの3年制の教育では限界があり、学校法人藍野大学は、2020年4月、滋賀県下唯一の理学療法士・作業療法士の養成施設である3年制の滋賀医療技術専門学校を、4年制の「びわこリハビリテーション専門職大学」に改組しました。
これまで20有余年専門学校で培ってきた高度な実践力を強みとした教育に加え、同一法人内の藍野大学が開学以来16年間取り組んで来た教養教育や、学術研究の成果に基づく知識・理論とその応用の教育経験を基に、その両方を併せ持った実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関である専門職大学で、地域社会が抱える課題を解決できるリハビリテーション専門職を育成します。