大学概要

滋賀県唯一のリハビリテーション養成校が
4年制の「専門職大学」へ進化。

すでに「超高齢化社会」に突入している日本。
医療や介護の需要はさらに増えることが見込まれます。
また、医療の高度化に伴って、高度かつ最良の医療を提供できる医療従事者が求められています。

こうした社会の要請に応えるため、学校法人藍野大学は2020年4月、
滋賀県下唯一の理学療法士・作業療法士の養成施設である滋賀医療技術専門学校を、
「びわこリハビリテーション専門職大学」に改組することを構想しています。

これまでに培ってきた教育研究資源を活かし、
より高度かつ実践的な職業教育を展開し、
社会が抱える課題の解決につながるような医療を提供できるリハビリテーション専門職を養成します。

修業年次 4年(両学科共通)
学位
  • 理学療法学科:理学療法学士(専門職)
  • 作業療法学科:作業療法学士(専門職)
取得可能な資格(予定)
  • 理学療法学科:理学療法士国家試験受験資格
  • 作業療法学科:作業療法士国家試験受験資格
びわこリハビリテーション専門職大学 学長 山川 正信

学長からのメッセージ

常に学ぶ意志と実践力を兼ね備え、地域や患者に寄り添うことのできるリハビリテーション専門職を養成する。

びわこリハビリテーション専門職大学
学長
山川 正信
経歴
滋賀医科大学医学部 助手・学内講師
ハワイ大学医学部 客員研究員
大阪教育大学教育学部 教授
大阪教育大学附属池田中学 校長
宝塚大学看護学部 教授・学長

滋賀県におけるリハビリテーションの養成機関としては、前身の滋賀医療技術専門学校しかありませんでした。それが、文部科学省が新たに定めた学校制度である専門職大学という形で、びわこリハビリテーション専門職大学として生まれ変わります。専門職大学は、研究に即した大学の教育と、実践に基づいた専門学校の教育の双方の強みを持った教育機関です。特に滋賀県ではリハビリテーション専門職が不足しており、2025年までに約1500人のリハビリテーション専門職を養成しなければならないと言われています。そのような、リハビリテーション専門職に対する強いニーズから、卒業後の働く場所・就職先が豊富であることも本校の魅力の一つです。
医療に従事する者として、社会に出ても常に学び続けることのできる力は必要不可欠です。また、地域や患者に深く寄り添って癒すことのできる人材が求められます。自ら進んで学ぼうと思える学習意欲のある方・人の幸せを自分の幸せと感じ、人の役に立つことを生きがいと思える方を、私たちは大いに歓迎致します。私たちも学生と同じく一からのスタートとして頑張ってまいりますので、共に成長し、地域の皆様に愛される大学を一緒に作り上げましょう。