作業療法学科

全日制4年課程
定員40名 (予定)
[ 学位 ]
作業療法学士 (専門職) 予定

[ 取得できる資格 ]
作業療法士国家試験受験資格

地域共生社会の実現に貢献できる
実践志向の人材を育成する

作業療法士に必要な幅広い教養や医療・介護・福祉の基礎知識、作業療法の専門知識・技術に加え、多様な障害に対応するための応用力と実践力、臨床思考力を身に付けます。作業療法は、人が営む生活行為に焦点をあてることでリハビリテーションを実施していきます。そのため、地域で暮らす子供から高齢者まで幅広い年齢層の方のライフステージを理解し、「児童期」「成人期」「老年期」の3つの履修モデルから専門性を育みます。

作業療法士とは

作業療法士は、健康な人も障がいのある人も全ての人が自分らしい生活を送れるように支援していくリハビリテーションの専門家です。作業療法は病気や障がいでなく、対象者の生き方、それを作る生活行為に重点をおいたリハビリテーションを行います。

Points of learning

学びのポイント

  • POINT 01

    共感力を培う

    患者さんの気持ちをくみ取る
    共感力を培う取り組み

    学校生活での交流以外に、多くの施設実習やボランティア活動での実際の障害者との関わりを通して、共感力を培っていきます。

  • POINT 02

    カリキュラム

    科目間の連携を大切にした
    本校独自のカリキュラム

    講義、演習、実習。科目間のつながりを考えたカリキュラムで作業療法士の基礎となる知識と技術の習得を目指します。

  • POINT 03

    隣接領域を学ぶ

    これまでの枠を超えて

    専門職大学の特徴ともいえる展開科目・総合科目を通して、医療・介護・福祉の枠を越えて活躍できる隣接領域を学びます。

Step of learning

学びのステップ

1年次

FIRST YEAR
基礎を学ぶ

幅広い教養を身につける。
医学・作業療法の基礎知識を学ぶ。

共通科目
学びの基盤、コミュ二ケーション論、教育学、生物学、英語Ⅰ、リハビリテーション概論、解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生理学Ⅰ・Ⅱ、運動学Ⅰ・Ⅱ
作業療法学科科目
作業療法学総論、基礎作業学、基礎作業学実習Ⅰ・Ⅱ、作業療法評価学総論、ボランティア論、地域社会共生論、地域社会共生論実習、作業療法見学実習Ⅰ

2年次

SECOND YEAR
専門知識と技術を学ぶ

リハビリテーションの対象となる疾患を学ぶ。
理学療法・作業療法の専門的な知識と技術を学ぶ。

共通科目
キャリア発達論、統計学、内科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、小児科学、精神医学、老年医学、画像診断学、救急援助論、地域包括ケア論、社会福祉学
作業療法学科科目
身体障害作業療法評価学実習Ⅰ・Ⅱ、精神障害作業療法評価学実習、発達障害作業療法評価学実習、地域生活作業療法学実習Ⅰ・Ⅱ、メンタルヘルスマネジメント論、教育支援論、マーケティング論、作業療法見学実習Ⅱ

3年次

THIRD YEAR
臨床体験の実践

学んだ知識・技術を病院・施設で実践する。

共通科目
予防医学
作業療法学科科目
高次脳機能障害作業療法学実習、精神障害作業療法学実習、老年期障害作業療法学実習、生活行為向上マネジメント論実習、住環境支援論、作業療法研究法、施設起業運営論、障害者スポーツ論、作業療法評価実習、作業療法総合臨床実習Ⅰ

4年次

FOURTH YEAR
創造力の育み・キャリア展開

専門性を活かし、創造力に職域を広げる。

共通科目
協働連携論総合実習、障がい者スポーツ論
作業療法学科科目
作業療法総合臨床実習Ⅱ、作業療法地域実習、障害者スポーツ論実習、就労環境論実習、協働連携論総合実習、作業療法総合実習Ⅰ・Ⅱ
Work Stage

未来の活躍の場

総合病院や介護・福祉施設など、活躍の舞台は多方面に広がっています

  • STAGE 01

    医療施設

    介護・福祉

    国立病院機構・公立病院・大学病院・民間病院・診療所など

    主に障害から生じる能力・動作の改善や維持を作業療法により図ります。

  • STAGE 02

    介護・福祉施設

    医療施設

    通所介護施設、訪問リハビリテーション提供施設、就労移行支援事業所、児童福祉施設、特別養護老人ホームなど

    主に障害から生じる能力・動作の改善や維持を作業療法により図ります。

  • STAGE 03

    その他

    その他

    保健所・地方自治体・教育・研究機関など

    地域包括ケアシステムを中心とした地域のリハビリテーション関連施設で作業療法業務(マネジメント業務等)を行います。また、作業療法分野での教育、研究機関などでも働いています。

CAREER UP
卒業後一定期間、医療施設・介護・福祉施設などででキャリアを積んだ後、
各自が学修した履修モデルの分野にキャリアアップすることも想定しております
Ahead of there

その先へ

介護老人保健施設・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・
特別養護老人ホーム・地方自治体・保健所など活躍の舞台は多方面に広がっています

  • MODEL 01

    履修モデル児童期

    ヘルスプロモーション支援

    放課後等デイサービス、療育教室(発達支援事業所)、児童養護施設、保育所、学童保育室、小学校

  • MODEL 02

    履修モデル成人期

    生涯スポーツ支援

    就労支援事業所(作業所)、障がい者を雇用している企業(就労支援)、障がい者支援施設、生活訓練施設、グループホーム

  • MODEL 03

    履修モデル老年期

    地域支援

    通所介護施設(デイサービス)、障がい者支援施設、特別老人養護施設、サービス付き高齢者住宅、グループホーム、有料老人ホーム