新着情報

2021/06/16 お知らせ

【学校法人藍野大学】新型コロナワクチン「職域接種」の実施及び地域への教員群派遣を決定

学校法人藍野大学(大阪府茨木市/理事長 小山英夫)は、職域での新型コロナワクチン接種を開始する政府の発表方針を受け、ワクチンの職域接種に協力することを決定しました。
 学生及び教職員のワクチン接種には、本法人の医師免許・看護師免許を有する教員が従事します。また、バックアップとして関連の藍野病院に協力していただきます。
 さらに、滋賀県及び滋賀県野洲市からの要請を受け、地域のワクチン接種に本法人が設置するびわこリハビリテーション専門職大学の教員群(医師)派遣を決定。地域の接種率向上に貢献します。
 本法人は将来の医療従事者を輩出する教育機関として、対面授業・臨地臨床実習の早期全面再開を目指すとともに、一日でも早い新型コロナウイルス感染症の収束に向け、地域自治体の医療負担の軽減を目指します。
 なお、接種は希望者に対してのみ行い、接種をしない者が不利益を受けるものではありません。

【概要】
1.学生及び教職員へのワクチン接種
開 始:1回目接種・・・令和3年7月中旬(予定)
     2回目接種・・・令和3年8月中旬(予定)
会 場:藍野大学 大阪茨木キャンパス内
対象者:接種を希望する 在学生、教職員等(予定)※大学生以上
従事者:本法人の医師免許・看護師免許を有する教員及び後方支援として関連の藍野病
院職員
※このほか、接種対応の人員、体制、実施方法等詳細については検討中です。詳細は本法人ホームページ等で発表します。

2.滋賀県及び滋賀県野洲市のワクチン接種への教員群(医師)派遣
 ・滋賀県野洲市:令和3年7月上旬(予定)~
 ・滋賀県(滋賀県北部):令和3年7月中旬(予定)~

【在学生の皆さまへ】
ポータルサイト「manaba」にて接種の詳細をお知らせします。よく確認してください。