学長挨拶 | びわこリハビリテーション専門職大学

学長挨拶

びわこリハビリテーション専門職大学 学長 山川 正信
常に学ぶ意志と実践力を兼ね備え、
地域や患者に寄り添うことのできる
リハビリテーション専門職を養成する

びわこリハビリテーション専門職大学学長山川 正信

経歴
滋賀医科大学医学部 助手・学内講師
ハワイ大学医学部 客員研究員
大阪教育大学教育学部 教授
大阪教育大学附属池田中学 校長
宝塚大学看護学部 教授・学長

皆さん、こんにちは
2020年4月に滋賀県唯一のリハビリテーション学部を有する「びわこリハビリテーション専門職大学」を開学いたします。

「専門職大学」とは、専門性を追求する従来の大学教育に、知識や技術を実際の職業現場の中で運用・応用する能力を身につけるための実践的な職業教育を付加した新しいタイプの教育機関です。技術の習得を主とする専門学校とは異なり、本学では深い知識や学術研修に基づいた理論を教授することで、学生の創造力を伸ばしていきます。また実習や実技を豊富に取り入れることで、医療実務に即応するスキルの養成にも積極的に取り組んでいく方針です。

近年、少子高齢化の進展を背景に、地域における包括ケアとリハビリテーションの重要性が一段と高まっており、本学ではこうした社会的要請に応えるため、「研究+臨床実習」に基づいた独自のカリキュラムを構築・提供していきます。

理学療法学科では、3つの履修モデルを柱に、地域住民の課題を解決する技術を学習し健康、スポーツ、福祉の分野で活躍する力を養成します。作業療法学科では、3つの年代に焦点をあて、ライフステージごとに変化する地域住民の生活課題に新たな支援展開を創造できる能力を養成します。

現代医療では、日々技術や知識が進化します。そのため医療やリハビリに携わる者は社会に出てからも最新知識の習得に努め、学び続けなければなりません。専門職大学には、最先端の情報と研究成果が集積されています。広く社会に解放された学びの場として、卒業生の情報や知識のアップデートもしっかりサポートしていきたいと考えています。

リハビリ職は人々の健康と命を預かる責任の重い仕事です。本学で学ぶ学生たちには、地域で活躍できる総合的な力を身につけ、滋賀県と日本医療の発展をリードしてほしいとねがっています。